PRESONUS STUDIO 192 + DP88 x2

USB3.0仕様で24Bit192kHz対応の高品位「スタジオ」インターフェースと次世代のプリアンプ2台によるアナログ24CH RECが可能なシステム。

Studio 192は、PreSonus初のUSB 3.0オーディオ・インターフェースであり、26x32チャンネル、24Bit 192kHz Burr-Brown製コンバーター、リモート・コントロール可能なXMAXプリアンプ、Fat Channel用DSP、ゼロレイテンシー・モニター・ミキシング、内蔵トークバック、そしてStudio Oneとのシームレスな統合を実現。プロフェッショナル・モニタリングとミキシング・コントロールを1ラックスペースに組み合わせ、並外れた忠実度とフレキシブルな接続性を提供します。



・最大26入力および32出力を48kHzで同時ストリーム または192 kHz時で8 x 14が可能
・数々の賞に輝くStudioLive Fat Channelプロセッシングをゼロレイテンシー・モニタリングで各アナログ入力に使用可能
・XMAX プリアンプのリモート・コントロール、付属のStudio One Artistでゼロレイテンシー・モニター・ミックスを作成(サードパーティ製DAW使用時には、PreSonusの先進的ソフトウェアUC Surfaceを使用して、スピーカー・スイッチングやMIDI経由のStudio 192プリアンプのリモート・コントロールを使用してゼロレイテンシー・ミックスを作成可能)
・コンピューター、iPad、タッチコントロール可能なPCからミックスを設定、スピーカー・スイッチングをコントロール
・Studio 192をスタジオ・コマンド・センターとして使用して、モニター・ミキシング、Studio One ArtistまたはUC Surfaceからのスピーカー・スイッチング、独立ヘッドフォン出力2系統を使用可能
・リモート・コントロール機能搭載のDigiMax DP88プリアンプ・コンバーターを追加してI/Oを拡張可能


次世代のプリアンプ、DigiMax DP88

10年以上に渡り、DigiMaxシリーズのプリアンプ/コンバーターは世界各地の無数のレコーディング・スタジオで信頼を得てきました。DigiMax DP88は、PreSonus DigiMax製品ラインの最新モデルであり、デジタル・コントロールによるXMAXアナログ・プリアンプと最大96kHzの比類ないA/D D/Aコンバートを提供し、オーディオ・インターフェースの拡張I/Oとしても機能。DigiMax DP88は接続性、柔軟性、プロフェッショナルなサウンド・クオリティを提供し、スタジオ環境に完璧にフィットします。


Studio 192およびオーディオ・インターフェースのI/Oを拡張

DigiMax DP88はADAT I/Oを搭載したあらゆるオーディオ・インターフェースに最適なパートナーですが、特にPreSonus初のUSB 3.0対応24Bit 192kHzオーディオ・インターフェースStudio 192では、シームレスにアナログI/Oを拡張するようデザインされています。。


DigiMax DP88がADAT経由でStudio 192に接続されている場合、Studio One 3、iOS用Studio One Remote、UC Surfaceから8基のXMAXアナログ・プリアンプをフルにリモートコントロールすることが可能です。この機能により、Studio 192のアナログ入力をサウンド的にも機能的にも拡張できます。また、Studio 192とDigiMax DP88をバンドルした16ch RECモデルと、Studio 192とDigiMax DP88 2機をバンドルした24ch RECモデルもラインアップしています。


関連タグ:プリソーナス インターフェイス

仕様詳細・対応動作要件は、本製品メーカーサイト情報をご参照の上、お買い求めください。

PRESONUS STUDIO 安心の日本正規品! DP88x2 + 192-オーディオインターフェイス

FaceboNewsDig Faceboページ

TwitterNewsDig Twitterアカウント