• 店長からひとこと

    この商品はタテ糸に絹糸100%、ヨコ糸に金糸100%を使用していますので、金糸の硬めの風合い(シャリ感)が強く出ています。絹100%のようなしなやかさはありませんが、とてもゴージャスな印象です。


  • 金封ふくさ ( ふくさ 袱紗 はさみ袱紗 )
  • 仕様
  • 用途|慶事 男性 女性 一般的な金封

    一般的な金封 約18.5×10.5cm対応

  • 色|金

    ※金銀糸の色質感は画像再現が特に難しく実物と差が生じます。染織時期により個体差があります。

  • 素材|タテ糸:シルク100% / ヨコ糸:金属糸風繊維(ポリエステル6% 分類外繊維(和紙)4%)100%
  • 寸法|約20.5×12cm(M)

    ※手作りのため個体差があります。

  • 仕立て|手縫い
  • 包装|桐箱
  • 生産国|日本製 京都産
  • 生産者|西陣爪掻本綴織 今井つづれ

    西陣織工業組合登録番号2496番


  • ご理解の上お買い求めください
  • 糸のつなぎ目|綴地のみで仕立てているため生地裏には糸のつなぎ目が見えます。糸のつなぎ目は本綴織の特性として必ず生じます。本綴織の証としてご了承ください。糸のつなぎ目の位置・数の多少・長短は個体差があります。糸のつなぎ目の長さは長年の使用に耐えられるよう商品に応じた長さで残しています。特性をご理解の上お買い求めください。
  • 手仕事の特性|ひとつひとつ手仕事で製作しているため、色柄寸法の個体差、歪や斑が生じます。手仕事の特性、1点物の個性をご理解の上お買い求めください。
  • 画像|お使いのモニターにより色の見え方が異なります。色や質感の再現が難しい素材と織ですので実物と印象が異なる場合がございます。
  • 名入れ|名入れは行っておりません。
  • Mサイズ|スーツの内ポケットサイズによってはおさまらない場合があります。
  • 金銀砂子糸|金銀砂子糸は絹糸に極細金銀の平糸を撚り合わせた絹糸で、砂をまぶしたような艶感が特徴です。金銀糸の色質感は画像再現が特に難しく実物と差が生じます。

  • 金封ふくさとは
  • 金封を裸で持参することは礼を失することになりますので、ふくさを用いて礼を表します。金封をはさむ形のふくさを金封ふくさといい、慶事は右開き弔事は左開きの慣習があります。
  • 慶事には華やかな金や赤・朱・臙脂など赤系の他、紫、男性は紺などの青系も使えます。弔事には黒・灰・紺・紫などの地味な色を使います。格の高い色である紫は、男女ともに慶弔両用に使える便利な色です。
  • 地域の慣習などにより異なりますが、一般的な金封をお渡しされる場合は定番(M)の金封ふくさが使えます。スーツの内ポケットにも収まりが良い大きさです。一方、水引飾りの大きな金封、誂えの金封などを使用される場合は、大きめ(L)の金封ふくさをおすすめします。さらに大きい金封には特大(LL)の金封ふくさもご用意しています。金封ふくさでお渡しできる最大の金封まで使えます。

  • 金封ふくさカテゴリ

FaceboNewsDig Faceboページ

TwitterNewsDig Twitterアカウント