コンパクトでポータブルなDiGiGrid MGBインターフェイス

あらゆる同軸MADI対応デバイスを、WavesのネットワークとプロセシングのプラットフォームであるSoundGridに接続することで、128までのオーディオ・チャンネルの録音、エフェクト・プロセシング、プレイバックが可能になり、文字通り何百ものWavesとサードパーティーのプラグインが動作するSoundGrid DSPサーバーへ、わずか0.8ミリ秒という非常に低いレイテンシーで接続します。1台はバーチャル・サウンドチェック用に、もう1台はバックアップ用に、2台のコンピューターに同時に録音することも可能です。MGBとSoundGrid DSPサーバーがあれば、ツアーバス、ホテルの部屋、空港など、あなたがどこにいたとしても、瞬時に次のショーのセットアップを、あなたのラップトップ上で確認することができます。DiGiGrid MGB MADI-to-SoundGridインターフェイスなら、たった1本のEthernetケーブルだけで、リアルタイムの低レイテンシー・ネットワークとプロセシングのプラットフォームに接続可能です。

MGBをコンピューターに直結すると、128チャンネルのレコーディングと128チャンネルの再生が可能です。さらに、SoundGrid DSPサーバー、ネットワーク・スイッチとWaves MultiRackホスト・アプリケーションを追加すれば、MADI対応のライブ/ブロードキャスト・コンソールに、リアルタイムの低レイテンシー・プラグイン・プロセシング能力を加えることができます。より解像度の高いオーディオを収録する必要があるときは、MGBを96kHzモードに切り替え、64チャンネルの同時録音と64チャンネルの同時再生が可能です。

【仕様】
・コアキシャル(BNC)MADI I/O
・44.1, 48, 88.2, 96 kHzのサンプルレートをサポート
・112/128チャンネルI/O @ 48kHz
・56/64チャンネルI/O @ 96kHz
・56チャンネルと64チャンネル・モードに対応
・96kHzのダブルワイヤー(48kフレーム)とシングルワイヤー(96kフレーム)伝送をサポート
・ワードクロック入力、MADI(ポート1または2)、SoundGrid(Sync over Ethernet)、インターナルからクロックソースを選択
・SoundGrid RJ45 Ethernetポート x 1
・リセット・スイッチDiGiCoステージ・ラックのチャンネル57をサポート


UD20170926

FaceboNewsDig Faceboページ

TwitterNewsDig Twitterアカウント