レコード盤ならではのサウンドをあなたのスタジオで楽しみたい。しかも、あなたのお気に入りのオーディオ・インターフェイスのプリアンプを通して。SpinXLRがあれば、とても簡単にレコードプレイヤーをスタジオ機器に接続することができます。過去100年間も人々が音楽を楽しんできたレコードの音を、スタジオの機材につないで楽しみましょう。

spinXLR(TM)は驚くほど手頃な価格ながら、そのサウンド・クオリティーは抜群です。プロ仕様のバランスXLR接続なので、アンバランス接続で起こりがちなハムノイズの混入を防止します。お持ちのオーディオ・インターフェイスやミキサーのファンタム電源で駆動するので、ACアダプターは必要ありません。この小型のインターフェイスの中に必要な機能をすべて内蔵しています。

新しいレコードのテスト・プレス版をチェックする、忘れ去られたアルバムから、珠玉のフレーズをサンプリングする、最高のスタジオ機材でリスニングを楽しむなど、スタジオでターンテーブルを使うなら、spinXLRで決まりです。ターンテーブルをspinXLRに接続、バランス端子をオーディオ・インターフェイスやミキサーのマイク入力に繋ぎ、ファンタム電源を供給、あとはターンテーブルをスピンさせるだけでOKです。
[特徴]

●Stereo RCAフォノ入力は、あらゆるターンテーブルのフォノ・カートリッジからの出力に対応
●フォノ信号を正しく出力するための、RIAA EQ回路を内蔵
●アース線の接続でハムノイズを防止
●マイク入力端子(オーディオ・インターフェイス、ミキサー、マイクプリアンプ)から供給される+48Vファンタム電源で動作
●標準的なRIAA EQカーブの回路を内蔵、追加の機材は不要
●ライブでの使用時に特に有効な、バランスXLRによる低ノイズ接続

[仕様・動作環境]

◆Phono入力
最大入力レベル: 95mVrms

◆全高調波歪 (THD+N)
-77dB (A-weighting)

◆S/N比 (SNR)
76dB (A-weighting)

◆ノミナル・ゲイン
23dB @ 1kHz

◆周波数特性
10Hz - 50kHz (+/- 1.5 dB)

◆RIAAイコライゼーション誤差
+/- 0.5 dB (20Hz - 23kHz)

【外形寸法(ケーブルと端子部を除く)】
幅: 55 mm
高さ: 23 mm
長さ: 95 mm
重量: 150 g

UD20170326

FaceboNewsDig Faceboページ

TwitterNewsDig Twitterアカウント