■高音域の再生能力を要求される4chレコード再生用として開発されたシバタ針を搭載
■軽量化を図るアルミニウムテーパーパイプカンチレバー
■発電効率を高めるパラトロイダルコイル
■クロストークを改善するセンターシールドプレート
■堅牢なダイキャストアルミニウム合金ハウジング

オーディオテクニカ独自方式のVMカートリッジが新ラインナップで登場した。新モデルは、針交換によって様々な音を楽しめるよう設計されているのも特徴だ。今回、「700シリーズ」3モデルの音をチェックした。
今回発売された3シリーズは、上位の700シリーズ、スタンダードの500シリーズ、そしてモノラル専用の600シリーズという位置付けで、それぞれに針先形状の異なるバリエーションが用意される。さらに、ステレオ仕様の製品群のなかでは各交換針の間に互換性があるので、複数の交換針を手元に用意し、好みやジャンルによって使い分けることもできる。
700シリーズはハウジングにダイキャストアルミ合金を使用し、高い剛性によって不要共振を低減する工夫を凝らしている。さらに、アルミテーパー製カンチレバーと高効率のパラトロイダル発電系を組み合わせるなど、VM型カートリッジの開発で培った技術を追い込み、音質改善策を徹底した。
そして今回のラインナップの場合、振動系と磁気回路の基本構造は共通だが、針先形状は最上位の「VM760SLC」が無垢特殊ラインコンタクト針、「VM750SH」が無垢シバタ針、「VM740ML」が無垢マイクロリニア針をそれぞれ採用し、絶妙な音質の違いを引き出している点が新しい。
無垢シバタ針を採用したVM750SHもディテールの情報量では上位機種に迫るものがある。もともと帯域の広い4chレコードの再生をターゲットに開発されたスタイラスなので、レンジ感にも十分な余裕があるが、俊敏な立ち上がりに由来するレスポンスの良さにも注目すべきだろう。
キャロル・キッドのヴォーカルは音像のフォーカスがきれいに揃い、声の立体的なステレオイメージが浮かぶことに感心した。ギターの伴奏音形は一音一音を克明に描き出すが、そこに乾いた感触はなく、ヴォーカルの柔らかい質感と調和する響きの美しさをそなえている。温かみをたたえた伸びやかな余韻の広がりは、あえてアナログレコードを聴く醍醐味の一つだ。
文:山之内 正
※AV/オーディオ/ガジェット情報サイト「Phile-web」所収記事を短くまとめたものです。
【製品仕様】
■本体サイズ(H×W×D):17mm× 17 mm× 28 mm
■重量:8g

オーディオテクニカ(audio-technica) VM型(デュアルムービングマグネット)ステレオカートリッジ VM750SH-その他

オーディオテクニカ(audio-technica) VM型(デュアルムービングマグネット)ステレオカートリッジ VM750SH-その他

FaceboNewsDig Faceboページ

TwitterNewsDig Twitterアカウント

話題のニュースを鋭く斬った最新コラムをお届け

日本GBC SA525PRO ペーパートリマー「SmartCut」(A3)