Tone Zone Tの性能をそのままに、ストラトキャスターの交換用ピックアップとしてマウントできるように開発され、オリジナルのTone Zoneと同様の中域と低域のレスポンスを実現させました。

また、Tone Zoneと同じデュアル・レゾナンス・デザインにより、素晴らしいハーモニクスを作り出します。 また、Tone Zone Sをオリジナルのストラトキャスターの傾斜しているブリッジ側にマウントできるように考慮しました。音色的に高域をウォームに、低域をブライトに少しだけチューニングしてあります。

パラレル・ハムバッキング・モードとスプリットコイルモードを使い分けられるように4コンダクター・ケーブル(4芯)仕様を採用しております。 Pro Track、ChopperやFast Track 1 と組み合わせて、リア・ピックアップとして使用するのに最適です。

FaceboNewsDig Faceboページ

TwitterNewsDig Twitterアカウント