2011年3月11日。あの日、何があったのか。人々は何を考え、どう行動したのか。
震災を様々な角度から記録する一環として、被災者の“あの日、あの時”を証言でつづります。


「証言記録 東日本大震災」は、未曾有の大震災に向き合った被災者たちの格闘の記録であり、鎮魂の記録です。家族を失い、生まれ育った地域を失い、その生き様を支えてきた文化さえも失ってしまった人たち。私たちは、この大震災にどう向き合えばよいのか、そこから何を見出していくべきか、「証言記録」は、それを考えるヒントを与えてくれるはずです。

FaceboNewsDig Faceboページ